年賀状の写真仕上げはフジカラーorしまうまプリントがオススメです

こんにちは、名古屋市中区丸の内の服部写真事務所です。
さて今回の記事は年賀状の写真仕上げについての記事になります。

今年撮影させていただいた複数のお客様から、
「撮影して頂いた家族写真を年賀状で使用したい」というご相談を受けました。

年賀状に写真プリントを施すにはご自宅で行っていただくか、
店頭やWEBで作成してもらうか、の2通りの方法がございます。

自宅で作成する年賀状

ご自宅で行っていただくためには、パソコンとプリンターが
必要になって参ります。加えて、年賀状用のパソコンソフトも必要です。
代表的なソフトが筆まめ・筆王・筆ぐるめといったソフトで、
概ね3000円から5000円程の値段で販売されています。
また、普段マイクロソフトのオフィスをご利用の方はワードでも
作成することができます。

専用ソフトの利点は、宛名データをソフトで管理しておけば
簡単に人数分の宛名プリントを行っていただける点です。
さらに、テンプレートが豊富ですので、好みにあったデザインで
プリントを作成できますし、追加の年賀状作成や年賀状以外の
季節の挨拶状などもご自宅ですぐに行っていただけます。

ところで、郵便局で販売されている年賀状用紙ですが
無地のものが現在3種類販売されています。

・鉛筆やボールペンなどの記入用の普通の紙
・インクジェット用の紙
・インクジェット写真用の紙

近年、インクジェット用の年賀状が販売されていることは
ご存知の方も多いはずですが、さらに高画質な写真プリント用のために
「インクジェット写真用」というタイプも販売されています。
光沢感のある用紙ですのでインクがにじみづらく、かなり高品質に
プリントができます。従来のインクジェット用は写真印刷用というより、
イラスト中心のデザインに使用される方がよいでしょう。

「インクジェット写真用」の年賀はがきは
通常のものより10円高い、1枚72円となっております。

店頭・WEBで依頼する年賀状

次に、店頭やWEBで依頼するタイプの写真仕上げの年賀状です。

こちらはちょっと特別な仕様になってまして、お手元にお知り合いから
送っていただいた去年の写真仕上げの年賀状があればわかりやすいのですが
郵便局で販売されている年賀状用紙よりも、分厚くなっております。
さらによくよく観察すると、サイズが少しだけ小さくなっているはずです。

なぜそのようになっているかというと、通常の年賀状に
写真プリントを貼り合わせているからです。
サイズが小さい理由は、貼り合わせの際の微細なズレを
目だなくするように周囲4辺をカットしているためです。
また貼り合わせのため、重量が幾分重くなっているので
軽くするためともいわれております。

貼り合わせのメリットとしては、
プリント専用の紙に印刷しますので、
写真のクオリティが高くなっています。

業者さんによっては、プリントする紙質が
微妙に異なっておりテカテカする光沢タイプを
使用するところもあれば、少しマットなしっとりタイプの
用紙を使うところもあります。

なかには、貼り合わせでなくインクジェットの写真用に
直接プリントされる業者様もあるかと思われますので
注文される際はよく確認されるといいかと思います。

フジカラーさんと、しまうまプリントさんがオススメです

さて、店頭・WEBで作成する年賀状でオススメの業者さんが
フジカラーさんと、しまうまプリントさんです。

この2つの業者さんは、普段から写真プリントを
手掛けておられるため年賀状に貼り合わせるプリントの
仕上がりがよく、その上、
宛名管理ができ、宛名印刷も同時に行っていただけるからです。

先に書いた通り、年賀状用に貼り合わせたハガキは通常より
小さく厚く仕上がってきます
ので、宛名印刷をご自宅で
行うと考えられるトラブルとして

・宛名への印字が通常の設定ではズレてしまう
・ハガキが厚くプリント利用時に紙が途中で詰まってしまう

という、2大トラブルが生じる可能性があります。
宛名のズレに関しては微調整で解決することができますが、
特に郵便番号枠への印字を合わせるのは面倒ですし、
印字の失敗はハガキの損失につながりますので
業者さんで宛名印刷もお任せするのがよいと思うのです。

またオリジナルの宛名管理ソフトを使用できるので、
CSV形式へのエクスポートなどもできます。
長い時間かけて打ち込んだ住所も翌年無駄にならずに済みます。

宛名なしも同時に注文しておきましょう
ちなみに、宛名印刷を行ったバージョン、
宛名印刷がないバージョンと2種類オーダーすることもできるので
お返し用の年賀状として、宛名なしのものをオーダー時に
何枚か一緒に注文されるといいですよ。

業者さんへ依頼されるデメリットは、ずばりコストです。
1枚〇〇円~の記載があると思うのですが、業者さんによっては
基本料金といって、プリント代とは別に最初に依頼するにあたって
必ず必要な料金が発生してきます。基本料金の中に、
送料が含まれるケースがほとんどですので、思った程の
コストアップにはつながらないとは思います。

また、選ぶテンプレートによって値段が上下しますので
凝ったデザインや色合いが多いものを選ばれると費用が
高くなって参ります。

今年、フジカラーさんで依頼なさったお客様のケースですと
50枚プリントを依頼なさって郵便代込みで1枚あたり200円程
だったとお話しを伺いしました。

記事のアップロードが遅くなってしまいましたが、
来年の年賀状作成の参考になさって頂ければ幸いです。

服部写真事務所では出張カメラマンとしては、
年賀状用の家族写真の撮影も行っておりますので
ご興味のある方は遠慮なくお問合せ下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です